業務用グラス・食器・器具洗浄機の専門メーカー ウィンターハルター・ジャパン業務用グラス・食器・器具洗浄機の専門メーカー ウィンターハルター・ジャパン

お客様紹介
製品ラインナップ
JRタワーホテル日航札幌 様
http://www.jrhotels.co.jp/tower/
北海道札幌市中央区北5条西2丁目5番地
TEL 011-251-2222
ご使用機器:ラックコンベア式食器洗浄機MTR3-250MMM+M

JRタワーホテル日航札幌は、「さっぽろスカイリゾート」をキャッチフレーズに、2003年に開業した札幌駅直結のラグジュアリーホテル。地上173m「JRタワー」の1階、22階〜36階に位置します。天然温泉のスパ&エステなど、リゾートのくつろぎを感じさせる「やすらぎと感動のホテル」として親しまれています。一方、JRタワーホテル日航札幌は、客室へのLED導入や節水にも早い時期から取り組み、厨房に節水システムを取り入れるなど、環境・省エネにも力を入れています。その省エネの一環として、2011年2月に老朽化した食器洗浄機を省エネ効果の高いウィンターハルターのラックコンベア式食器洗浄機MTR3-250MMM+Mに入れ替えました。導入の経緯と、その後の経過を支援副部長 中村氏と料飲支配人 鈴木氏に伺いました。 支援副部長 中村氏/料飲支配人 鈴木氏
(左より)支援副部長 中村氏 / 料飲支配人 鈴木氏

ウィンターハルター
導入の経緯をお聞かせください。
料飲支配人 鈴木氏 以前私が勤務していた帯広の姉妹ホテル(ホテル日航ノースランド帯広)の洗浄機入れ替えを検討した際、代理店さんからウィンターハルターを紹介されました。当時使っていた洗浄機のスペック、データを出してウィンターさんに比較・検証してもらいました。正直、こんなに差が出るのかと驚きましたが、当時はそのまま話は進みませんでした。その後、私が札幌に来た時、ここの洗浄機がかなり老朽化していて故障も多かったので、改めてデータを出して試算してもらいました。札幌は洗浄機の稼働が長いので、更にびっくりするランニングコストの差額でしたね。最終的に帯広もここと同じタイミングでウィンターさんの洗浄機を導入しましたけど(笑)
水光熱費に関しては専門的な施設副部長にお願いしました。
支援副部長 中村氏 その時は、国産、外国産含め検討しました。ウィンターハルターの名前はその時知ったのですが、値段にはこだわらず、省エネにこだわって選定しました。導入実績で野口観光さん、札幌ビール園さんに入っていることも聞いていました。水の使用量が他社と圧倒的に違い、仕上がりも良いとも聞いていましたので、実際に洗浄機を使っている札幌ビール園を見に行きました。ジンギスカンは油汚れが相当ひどいが、そこで問題なく使っていたので、洗浄力には問題ないと判断しました。また、すすぎ水を洗浄漕へ循環して節水し、水使用量が少ないのもわかりました。
会社には節水の効果で、イニシャルの高い洗浄機を入れてもランニングコストで回収できると説明し、導入に踏み切りました。
ウィンターハルター
導入時の不安や問題点はありましたか?
支援副部長 中村氏 水の節水量はカタログからも評価できますが、熱源をガスから電気に代えて、また洗剤・リンス剤の単価などトータルでどういう結果がでるか心配でした。当時は60℃のお湯を入れ、ガスで85℃まで加熱していました。今回は電気にしたため、上階にある電気室から新たに200V電源を引いてくる作業もありましたし、また給水仕様なので、給水を85℃まで温度をあげられるか不安でした。冒険でしたね。
熱源を代えるため、建物管理会社などに申請・承諾が必要で、時間もかかり、大変でしたが、洗浄機を入れ替えるなら、ただ入れ替えるだけでなく一番効率よく省エネできるようにしたかったので、どうすればよいか徹底的に研究しました。
ここの特徴は、朝6時から夜中2時まで毎日平均13時間稼動していることです。とても過酷な条件の中で、1つの洗浄機で2つのレストランをカバーしているので洗浄量がとても多い。朝、または夜遅くに1人、2人作業になった時にも効率的に作業ができるようにしたかったんです。そのため、打ち合わせに時間をかけ、また現場に1か月間カメラを取りつけ、人の流れをみて分析し、効率のよい導線を検討しました。あれがいい、これがいいと試行錯誤を繰り返し、ウィンターさんにもいろいろなパターンを提案してもらい、ありがたかったです。
ウィンターハルター
導入後のオペレーションの状況はいかがですか?
支援副部長 中村氏 効率が悪かった導線が劇的に効率的になりました。
作業員に聞くと、汚れ落ちが以前と比較するとかなり良くなり、特にグラスがきれいになったそうです。以前はフライトコンベアタイプだったので、作業方法が劇的に変わりました。
洗浄機の更新に合わせ、既存のシンクはすべて撤去し新しく作り直しました。インレット側のローラーを長くとり、アウトレット側もUターンして乾燥工程もきちんと持てるようにしました。また、ウィンターハルターのリンス剤に変更してもらい、食器の乾きがよくなりました。その関係で拭きとりのリネン代が半分になりました。これは大きいです。
料飲支配人 鈴木氏 ES(employee satisfaction)が向上しました。これまでの洗浄機はモコモコ水蒸気がでて大変でした。特に夏は厨房がすごく暑かったのですが、いまは夏も快適に作業できますし、洗浄機からの輻射熱がなく、環境が良くなりました。レイアウトも変更してすっきりした洗い場になりましたね。
フライト式の時は入れる人、取る人が必要で、導線が悪かったため入れた後走って取りに行くなど効率が悪く、熱い食器をとるのも手が熱くて大変でした。ラック式にしてからは、Uターン式のレイアウトになったので、ラックに食器を入れてまとめて流し、手元に帰ってくる間に自然に乾燥します。拭かなくてよいので衛生的に収納できますね。以前はぐるぐる回って非効率だった作業を2人工でしていたのを1人工でできています。人件費に関しても効果出ていますね。いいことづくめです。
料飲支配人 鈴木氏 働いているスタッフにも、今までの洗い方が間違っていて、洗浄はこうであると認識してもらう良い機会になりました。洗浄に対する意識も変わってきました。以前は手で前洗いをして、機械ですすぐという感じでしたので、水も出しっぱなしでしたが、今は軽く汚れを落として洗浄機で洗浄するのが正しい方法だということが理解できたので、意識もあがり、水の出しっぱなしもなくなりました。
ウィンターハルター
コスト削減の状況はいかがですか?
支援副部長 中村氏 導入後のコスト面の削減効果は大きかったです。当社の場合昨年導入してから、1年で洗浄機の単体コストではなく、厨房全体のコスト比率から見て素晴らしい効果が出ています。
●上下水道で、前年比20%削減(金額で260万)●蒸気使用量で55%削減(230万)
●ガス使用量で40%減(170万)と削減できました。
熱源をガスから電気に代えたため、電気使用量は19%増(130万)になりましたが…
その他にリネン代は約半分になり、人件費、洗剤と合わせて120万削減できました。こんなに節減効果が出るとはびっくりしました。大変な前作業がありましたが、電気にしてよかったです。洗浄機自体は他社より高価でしたが、それだけ効果がありました。
ウィンターハルター
メンテナンス対応の状況はいかがですか?
料飲支配人 鈴木氏 トラブルは新品だから、もちろん少ないですが、連絡すればすぐかけつけてくれるので、問題なく心配していません。
支援副部長 中村氏 ラックを入れる際に機械の入口から水がはねてきて、作業している人に水がかかるという状況がありました。昨日もその件で作業してもらいました。工夫してカーテンを少し前につけてもらい少しですが改善されました。そういう対応もしてくれるので安心しています。

今回はお客様との綿密な事前打ち合わせ、レイアウトのご提案が功を奏し、作業の効率化、コスト削減のお手伝いができました。今後もお客様に快適な洗浄環境をご提案し、省エネにもご協力できるように尽力してまいります。
→お客様紹介一覧ページへ
オンラインショッピング
オンラインショッピング
WEB販売用の食器洗浄機用ケミカルをご用意しました。
more

洗浄機器および衛生レンタルシステム
レンタルシステム
レンタルシステム「Miete」
ウインターハルターの新しい洗浄機レンタルシステムの「Miete」。 トータル的なコスト削減が目に「見えて」実現可能な新しいシステムです。
more
top